新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症に対して、以下のような対応を行なっています。
4/9  営業自粛開始(詳細はこちら
5/7  営業自粛期間延長(詳細はこちら
5/31 新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン発表(2020.5.31版)
6/13 お客様へのお願い感染予防の取り組み掲載

新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン (2020.5.31 版)

企業名:くまのみ自然学校

代表者名:伊谷 玄

1.基本チェックリスト

□ 従業員の就業前の体温測定   □ 従業員の手指消毒の徹底

□ 従業員のマスクの着用     □入口及び施設内の手指の消毒設備の設置

□ 参加者に対するマスク着用お願いの周知

 

2.基本的な感染拡大予防策

(1)感染症防止のための参加者整理の方法

①密にならないための対策

・ 受け入れは1プログラム1グループのみ、最大7名までとする

②発熱等の症状のある方の参加制限方法

・ 参加3日前からの検温と健康チェックの実施を予約の条件とし、集合時にその提出を求める

・ 集合場所において、まず検温と健康チェックを行なう

・ 発熱や咳、頭痛等の症状がある方がいた場合、プログラムは実施しない

・ プログラムの途中で発熱などの症状が出た方がいた場合、ただちにプログラムを終了する

③その他

・ 店内に体温計を設置し、必要に応じて計測するよう協力を求める

・ プログラム中はマスクの着用を必須とする(マスクは持参していただく)

 

(2)対人距離の確保の方法

①接触感染対策

・ 昼食は、感染対策を遵守している事業者の弁当を手配する

・ 飲み物は提供しない(参加者に持参していただく)

・ スタッフと参加者の身体的距離の確保(最低1m)に努める

②飛沫感染対策

・ レクチャーなどは対面にならないようにする

 

(3)施設の換気対策

・ 受付、レクチャーなどをウッドデッキで行なう

・ 移動の際の車内は、窓を開けて換気する

 

(4)施設・設備・物品等の消毒対策

・ 手足洗い場、道具洗い場、屋外トイレ、ウッドデッキのテーブル付近、本棚などの消毒は1日1回のペースで実施する

・ 消毒スプレーをウッドデッキに設置する

(5)その他基本的な感染拡大予防策

・ 参加1週間前までに感染拡大地域が解除された地域からの来島者を参加可能とする

・ 西表島に非常事態宣言が出された場合は、プログラムを実施しない

・ 来島1週間前から、日常生活において感染予防に特に気をつけるよう参加者に注意喚起する

・ 感染者との接触の有無の確認を行い、当日までに接触の疑いが確認された場合には、プログラムを実施しないことを可能とする

・ 参加者のゴミは受け取らず、持ち帰ってもらう

・ スタッフの毎日の検温と健康チェックを実施する

・ 参加者受け入れのためのマニュアルを作成する

※ガイドラインは、社会状況を見ながら適宜変更を行なう