タナドリヨイがありました(2016年)


【旧暦 十二月二十五日/きのと う】

2016年2月3日は種子取祝でした。稲の苗が無事に育つよう、祈願する日です。

チカ(神司)が、村人の苗が無事に育つよう、ユーヌ御嶽とフタデ御嶽へ祈願をしてくれました。夜には公民館に集まって播種を祝う唄を謡います。大きな物音は稲の成長に障りがあるので、拍手もしてはいけません。

かつてはたくさんの唄が謡われていたそうですが、年々唄を知る人が減り、寂しい状況になっていました。近年は大切な唄を取り戻そうと、青年が奮闘してくれているお陰で、今年は「種子取口説」から始まり、「稲が種子アヨー」「米神酒」「種子取ユングトゥ」「井戸側の蛙」の5曲を謡うことができました。(G)

#行事