こども環境大賞エコツアーで海岸漂着ゴミプログラムを実施

7月23日、中野海岸で「こども環境大賞」御一行様に海岸漂着ゴミのプログラムを行いました。「こども環境大賞」は「次世代を担うこどもたちに地球環境保護に関心を持ってほしい」との思いから、朝日新聞社と東京海上日動株式会社が共催で始めた「環境」をテーマにした絵と作文のコンクールで、今年で10回目になります。 6名の入賞者とその父母はもちろん、講師の先生や旅行エージェント、スポンサーまで巻き添えにして、全員で調査範囲のゴミ調査を実施しました。範囲は10mと聞いて、「たったそれだけ?」という顔をしていましたが、現場を見て納得。 刺すような日差しの中、ゴミの種類別に手分けして回収します。 ゴミは、海岸の植物の根元にも入り込んでいます。 小さく細かくなってしまって拾うことが難しいものもあります。 8つの種類別にまとめます。 朝9時から開始とはいえ、日差しの下での活動は暑い! 汗だくです。 10分ほどでこの範囲の回収は終了し、慌ただしく記念撮影をして、早々に木陰のある場所へ撤収してデータ整理に移りました。 集めたゴミは45ℓ袋で4.2袋分。9つに分類してビックリしたのは、漁業・船舶系のゴミは27%に過ぎず、残りの73%は一般の生活ゴミであったことです。 そして、最近減ってきたように感じていましたが、絶対王者の発泡スチロールがついに2位に陥落、ペットボトルが王座に輝きました。それもほとんどが飲料用。10mの範囲で100本、1mあたり10本のペットボトルが漂着していました。 今回の海岸漂着ゴミプログラムで回収したゴミの内訳表です。 ペットボトル(円グラフ黄色)が、実に漂着ゴミの半分を占めていることが

newナイトプログラム「西表島の真夏のホタル」始めました

西表島のホタルというと春のホタルが有名ですが、ほとんど一年中、なにかしらのホタルが光っているのがこの島のスゴイところです。そこで、真夏にもホタルの光を楽しむナイトプログラムをつくりました。ぜひ、ご参加ください。 詳しくはこちら。 #自然 #教育旅行

台風8号接近に伴うお願い

台風8号(マリア)が、先島諸島に向かって進んでいます。 本日7月10日午前6時6分に竹富町にも暴風警報が発令されました。 今後、より接近してくると、おそらく停電や電波の乱れなどの影響が予想されます。 電話、メール等が使えなくなる可能性がありますことをご留意ください。 ご予約をご希望のお客様は、メールフォームにご記入の上、ご送信ください。メールの到着順に受付いたします。 どうぞよろしくお願いします。 #自然