シマフサラー 2017年

2017年11月21日は旧暦十月の壬、干立ではシマフサラーという神事を行いました。住民の無病息災を祈願する行事です。 今年は、2つ謎を解明することができました。 この日はまず、鶏の解体から始まります。 鶏の頸を切り、予め用意しておいた注連縄に血を振りかけます。鶏は茹でて羽根を抜き、解体して食べらられる部分と食べられない部分に分けます。今日は食べられない部分を使います。カサンパ(クワズイモの葉)で包み、藁で縛っておきます。 切り倒した芭蕉を5本使い、竹を刺して筏を組んでおきます。 フタデウガンでの神司による祈願がおわったところで、干立に悪霊や厄が入らないよう結界を張ります。 12ある外から集落への入口全ての注連縄を張ります。注連縄には塩とニンニクを結び、霊力をさらにアップさせます。 張り終わったら、浜で焚き火をし、芭蕉の舟に米と酒・水とカサンパに包んだ臓物を載せ、村中の穢れを持ち去ってくれと願いながら、沖に流します。舟はガバランという伝説の島へ流れ着くと言い伝えられています… が、たまにお隣りの祖納に流れ着いて怒られます。 シマフサラーの謎1 れまで、塩とニンニクは小さなビニール袋に入れ、PP紐で注連縄に縛っていました。でも、みんなそれが大嫌い。行事のたびに先輩方に「以前はどうやっていたんですか?」と問いただしてきました。 結局今年もわからず、サニ(ゲットウ)の葉で包み、麻紐で結ぶことにしました。 2015年1月撮影(2014年に取付けたもの) 今年(2017年)のもの 行事が終わった後に最長老を訪ね、もう一度食い下がって聞いてみました。するとあら不思議、思い出してくれま

節祭2017 トゥチ日記

2017年の節祭は、伊谷家にとって例年以上に大きなものでした。 節祭そのものは3日間にわたり執り行われますが、その半月ほど前に公民館総会が開かれ、準備と練習が本格化します。 節祭にかかわるこの間の記録を、伊谷玄が日記形式で綴ってみました。 トゥチになる 10月27日の干立公民館臨時総会で、今年の節祭のトゥチ(船頭)をやることになりました。 トゥチとは、本来節祭における芸能の総責任者です。 いわゆる祭の象徴的存在で、歳さえとればやらせてもらえるという役ではないので名誉なことです。 本土から移住してきた者が務めるのは三人目だそうです。 きちんと務められるよう、気合いを入れて練習に励まなければ。 練習開始 総会の翌日から練習開始。今年の練習期間は10日ほど。 夜8時から、ドラの合図とともに始まります。 トゥチは浜や御嶽でうたう歌の練習です。 男は御嶽で奉納する狂言と棒術の練習、女はトゥチといっしょに歌の練習ですが、今年は女子中学生も参加しました。 小学生以上の男子は棒術の練習、女子に役はありません。 老人の多くは、各芸能の指導にあたります。 トゥチには、良い声が出るようにと、黒砂糖入りの島酒が準備されます。 最初の3日間は公民館の中で、座って歌詞を覚えながらの練習です。 立ち稽古 座って歌う練習から、実際に巻き踊りをしながら行う立ち稽古になりました。 トゥチは男2名女2名の計4名。 古い島言葉の歌なので、歌っていても意味はさっぱりわかりません。 一息で長く歌い、ゆっくりと微妙に変化する曲調のものばかり。 これまで何回も聞いていた歌ですが、自分が歌うとなると難しい。 自分なりに譜面をお

「場の教育」シンポにゲスト出演します

12月9日に東京で開催されるシンポジウムに伊谷玄が出席します。 地域文化や自然との関わりの継承「場の教育」がテーマです。 西表で行なわれていることをお話します。興味のある方は是非ご来場ください。 詳細は以下のURLをご覧下さい。 国際シンポジウム「地域に根差した教育の可能性」 http://www.ecoplus.jp/2017/11/09/pbe_sympo/

アオサギの群れ

東部に向かう車から、海に何かが見えました。 モノなのか生きものなのか、遠くてよくわかりませんが、たしかに普段は見えないもの。 いちばん近づける場所からカメラをズームして撮ってみると… アオサギです。 九州以北では留鳥なので年中見られる鳥ですが、西表島には渡り鳥としてやってきます。 日本最大のサギで、近くで見るとその大きさを実感します。このような群れに出くわす機会はそう多くなく、普段は単独行動です。 この日は北風の吹く雨。傍目には、休憩しているように見えるのですが、周りには風よけになるものがなにもない海の浅瀬です。それこそ冷たい風と雨にさらされているのではないかと心配になってしまいます。かといって、ペンギンのように身を寄せ合うというほどのこともありません。 アオサギの鳴き声は大きく、グァーとかギャーと聞こえ、不気味な感じがあります。そのせいかわかりませんが、アオサギが鳴く方で人が亡くなると話すおばあがいます。 #自然 #暮らし