東海大学学生に村人体験プログラムを実施しました(後半)

9月10日の午前。東海大学観光学部の学生17名に、もう3つのプログラムを実施しました。 そして干立滞在最終日のこの日、滞在中に関わった人たちと交流会を開催しました。 【9月10日 午前】 プログラム4 海の恵みをいただこう 島には魚屋も八百屋も肉屋もありません。でも、島人は島の至る所で季節の恵みを得ることによって、食卓を豊かにしてきました。交流会の一品になる材料を調達しに行ってみました。 ※インタープリター:伊谷 玄(くまのみ自然学校) まずは通称「ガダリャー」と呼ばれるカニを穫ります。 このカニはマングローブの生える河口域にいて、浅瀬を歩くと見つけられます。 これが「ガダリャー」。サイズはガサミよりずっと小さいですが、気性が荒く、こうやって水中から攻撃態勢でこちらを見ています。 「イテッ!!!」 やられてしまった! 指がちぎれなくても、すごく痛いんです、このカニの鋏は。 場所を移動して、今度は小さな二枚貝を穫りました。 この広い浜のどこにいるのか、どう探すのが効果的なのか? 自然とつきあう時には、頭も働かせる必要があります。それが、楽しさでもあります。 でもみんなの頑張りで、そこそこの量が穫れました。このあと、それぞれスープにして、交流会でいただきました。 自然の恵みに乾杯! プログラム5 暮らしの中の唄 集落の暮らしでは、いろいろ場面に古くから歌い継がれた唄があります。いずれも、暮らしの中から紡ぎ出された詩が、八重山という風土の中で唄になりました。唄を通じて島人の心に触れてみます。 ※インタープリター:中坂眞吾(海童山童スローツアー) このプログラムの会場は、沖縄の古民家に

パンスの花が咲きました

【旧暦十月六日】 庭に植えたパンス(和名:アキノワスレグサ)の花が咲きました。 ユリに似たオレンジ色の美しい花です。 花も食べられる植物はいくつか知られていますが、パンスは蕾と花がうまい。 中国原産の植物で、古くから薬効が知られています。 最近では沖縄伝統野菜の一つとして栽培されるようになっています。 干立では三大行事の一つ・ユニンガイ(世願い祭)で作られる味噌和え料理スーマーシーに茎の部分を使います。 #自然

フクギの花、今年何度目の開花?

【旧暦 十月五日】 フクギの花がまた咲いています。 今年、何度目の開花でしょうか。把握している限りでは3回目かと思われます。 ただ、そのたびに実がなっているわけでもないようです。 #自然