東海大学学生に村人体験プログラムを実施しました(前半)

東海大学観光学部が行う「エコツーリズム実習 in 西表島」の中で、学生17名に対して村人体験プログラムを実施しました。干立の暮らしを体験し、村人とふれあうというご要望に合わせ、“干立だからこそ”のプログラムを組み立てました。 西表滞在中の2015年9月5日〜11日は、干立集落の様子を肌で感じられる宿泊施設「イルンティ・フタデムラ」に宿泊です。ここを拠点に、干立の暮らしを体感できる6つのプログラムを提供しました。これらのプログラムは、干立の山・海・川・集落に加えて“村人”がセットになって完成するもの。わたしたちの他に、“業”と“知恵”を持った村人にも登場していただきました。 9月6日と10日のそれぞれ半日、各日3種類のプログラムから選択する形とし、1人が2種類のプログラムを体験できるようにしました。 プログラム1:野の恵みをいただこう プログラム2:近代産業遺構を訪ねる プログラム3:サンゴ礁を駆ける船 プログラム4:海の恵みをいただこう プログラム5:暮らしの中の唄 プログラム6:島の手業・藁ぼうき 【9月6日 午後】 プログラム1 野の恵みをいただこう 集落を散策しながら島で昔から利用されている野草と島野菜を採集して、料理を作るプログラムです。干立で生まれ育った新城也子おばあといっしょに、晩ご飯のおかずをつくりました。 ※インタープリター:伊谷美穂(くまのみ自然学校) かごを片手に集落を散策しながら、食材を探して歩きます。道を歩けば食材が見つかる。おばあはアレもコレも採りたくなってしまいますが、時間の関係上、採るのを諦める野草も。 また、集落を歩くと、内地の若者にとっては珍し

期間限定プログラムのお休み

亜熱帯の西表島にも秋が訪れています。 期間限定プログラムの海をフィールドとしたプログラムは、冬の間お休みします。来年の春からまた始める予定です。 海が寒くなってきましたが、マングローブや山は楽しめますよ!